キレイになりたい!美容やダイエットを学ぶ

キレイになりたい!美容やダイエットを学ぶ

沖縄修学旅行で痛恨のミス

読了までの目安時間:約 3分

 

中学時代の修学旅行が沖縄で観光とゆうよりか戦争ゆかりの地の訪問でした
目の前に海が広がっていましたが冬の沖縄とゆうことで海は、解放されておらず
戦争の勉強がメインとゆう感じでした
1日目に平和記念公園で被爆者の体験談
おばあちゃんの語り手で意外と生々しい話が多い印象でした
平和記念公園の慰霊碑に名前が掘られているのをみてなんとも言えない
思いに襲われました
2日目にひめゆりの塔と洞窟の防空壕の見学にいきました
急な坂の険しいところに防空壕があり参拝の方もこられるのかお供え物や
花が置いてありました
洞窟の中は、暗く懐中電灯のライトなしでは、歩けず足下をみると薬の瓶の破片が
落ちていたりとそれを見る度に生々しいさと恐怖が込み上がってきました
中学生ならではの班行動とゆうものがあり同じグループに運良く私の好きな人が
いました
そんな事は、どうでも良くなるぐらい自分の中に戦争の恐怖が蓄積されていました
案内人のおじさんがこの洞窟は、懐中電灯のライトがなかったら真っ暗になるんだよ
と説明してくれました
私の悪い予想は、的中
懐中電灯のライトを消して暗闇を体感しようとゆう事になりました
みんな一斉に懐中電灯のライトを消して何にも見えない無の暗闇とかしました
私は、不安になる気持ちを押し殺していましたが
恐怖心の蓄積がピークにたっし明かりが消えた10秒後にでた言葉が
好きな人の名前でした
恐怖から無意識に頼ってしまったのでしょう
私の前に座っていた彼は、「大丈夫」と私の手を握ってくれました
3分ぐらいの暗闇も終わりほっとして何事もなく手を離しました
今、思えば彼の手を実感すべきだったと思います
その晩、ホテルで女の子達から彼の事好きなの?付き合ってるの?と
根掘り葉掘り聞かれたのは、言うまでもありません
血気盛んな女子中学生の片思い談義は、2ヶ月程盛り上がり
その話題も自然と消えていきました
女の子の前で気を抜くのは、命取りと沖縄の修学旅行が教えてくれました
レッグミラクル

 

未分類    コメント:0

キレイになる秘訣

読了までの目安時間:約 2分

 

女性にとってキレイになりたいと思う事はごくごく普通の事。誰だって美しく人生を過ごしたいものです。でもメイクや服、ダイエットに気を遣って自分磨きをしても必ずしもキレイになれるとは限りません。ではキレイの秘訣って一体何なのでしょう?もちろん自分に自信を持つと言う事はキレイの大前提で内面から出る美しさはとてもキレイです。キレイになるために必要な事は何故キレイになりたいのか、キレイの目標、誰のためにという事がキレイへの答えと思います。好きな人のためにキレイになりたい、自分の満足のため、憧れている人に近づきたいため、注目されたい。こういった動機がキレイへと導く原動力になっていて人から褒められると人はさらに上を目指します。恋をすると女性はキレイになるとよく言いますが誰かのために美しくありたいと思うのは外見も内面も変わろうと努力するので1番効果の高いキレイ術かもしれません。人や自分に興味が持てなくなってしまうとキレイになる欲望や努力といった行動が保てなくなってしまい全てが億劫になってしまいます。やはり常に周りを気にして高い意識を持ち、人や自分に興味を持つという事がキレイになる秘訣なのだと思います。ずっと忘れずに持ち続けていたい秘訣です。

 

未分類    コメント:0